伝統的なショーを見ながら中華料理
0
    1. JUGEMテーマ:中国


    北京の伝統芸能
    ”変面ショー”が見られるという
    大宅門というレストラン。
    hisiaちゃん、kちゃん一家と
    行ってきました。

    「変面」はマントで顔を隠すやいなや
    顔のお面が次々と
    変わるという
    中国の伝統的な芸です。
    變臉〜この櫂に手をそえて〜
    という映画で変面を知ったのですが
    目の前で見たのは始めてでした。
    その映画の中では
    この芸は、一子相伝
    しかも
    男子にのみ
    受け継がれるという事でした。
    (ビデオを撮っていたので
    写真がなくてすいません。)

    写真は三茶という
    四川省の茶芸ショー。
    蓋椀という湯のみに
    背中越し
    しかも高い場所からお茶を
    注ぎ入れます。

    他にも女の人が
    横になって
    足で壷をくるくる回す
    ショーも。
    ミニスカートだったので
    どっきり!
    ダンサブルな音楽好きな
    ゆうはんは
    椅子の上でノリノリでした。








    メニューは中国語が話せる
    Kちゃんだんなさんに
    ほとんどお任せ。

    ●さつま芋を豆のようにまとめたもの
    赤ちゃんでも食べられる中華
    ほんのり甘い。

    ●松茸の土瓶蒸し
    中国では松茸がリーズナブルに
    食べられるそうです。

    ●チェーランの炒め物

    ●牛肉の中華風炒め
    かなり黒胡椒がきいてます。
    日本人なら(特に男子)
    好きな味だと思います。


    ●木綿豆腐の煮物
    八角の香り¨

    ●小龍包





    ●豚の角煮

    ●えのき茸を牛肉巻き
    ソースが濃厚で、これも
    黒胡椒がかなりきいてます。

    ●魚の煮物
    時価の魚。
    この魚が一番高価だったらしい。
    あっさりしておいしかったです。

    ●エビチリ
    エビがプリプリ!!

    ●ヤキソバ
    子どももOKなヤキソバ。

    ●かぼちゃのデザート


    Kちゃんだんなさんが
    予約してくれていたので
    ショーは舞台のまん前で
    見ることができました。
    ショー自体は20分ぐらい。
    この日は、料理の代金
    一家族500元ほど。
    ショーの代金は無料です。

    このあとhisiaちゃんが
    アジア村にある大宅門に
    行ったらしいのですが
    ショーは一時間半もあり
    お料理も
    更においしかったらしいです。
    この違いはいったい¨。

    またアジア村の大宅門にも
    行ってみたいと思います。

    正院 大宅門
    ●北京市朝陽区東三環長虹橋西工体北路甲2号
    盈科中心太平洋百貨4階
    10:30〜22:30

    ●北京市朝陽区恵新北里3号楼
    羅馬花園東側100メートル先
    (アジア村)

    中国の文化 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://bejinriji.jugem.jp/trackback/190
    TRACKBACK BOTTOM
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    北京の胡同
    北京の胡同 (JUGEMレビュー »)
    ピーター ヘスラー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    北京情報
    search